市民主権のまちづくり~3月議会の一般質問より~

2013年4月27日 12時03分 | カテゴリー: 議会

「自治推進」を担当する市の企画政策部では、これまで無作為抽出による市民フォーラム、懇談会などを重ねてきたが、子育てや在宅介護支援、見守り、みどりの維持管理など、地域が抱える課題解決にはなかなかつながらない。

 一方、具体的な各課の審議会や懇談会を通じて関心を深めた市民は、阿部市長就任後だけで400人以上。審議会委員の任期を終えた市民への次のアプローチや、各課が課題を共有し機を逃さない体制づくりを怠ってきたことを改めて質問。

 市側はこれを認め「自発的な市民の活動をキャッチアップする職員の意識変革を行い、自分たちで立ち上げていく市民の力を強めたい。庁内一丸となって取り組む」との市長答弁を得た。庁内一丸となるための起点が自分である自覚と具体的なリーダーシップが急がれる。