新年おめでとうございます。

2011年1月1日 22時11分 | カテゴリー: 活動報告

今年初めての「徒然…」

静かなお正月ですね。元旦だから、今年の抱負だの選挙に向けての意気込みだの、そういうのを書くといいんでしょうけど、せっかくの元旦だし、それはまた改めて。

昨夜は、ラジオで紅白歌合戦を聴きながら、今日の料理の準備をしたのでした。なぜラジオかというと、うちはテレビがないから。引っ越す時に、誰も自分の部屋に置きたくないので(古かったこともあって)処分したのです。がしかし、ラジオの紅白はよかった!「石川さゆり、押し出した右手の先を見つめています」とか、「北島三郎さん、舞台中央に仁王立ちです」とか。目で見るよりよっぽど楽しめるのでした。

そして今年のサブちゃんはよかった〜!追悼(星野哲郎氏の)で歌う人の鑑と感動しました。サブちゃんクラスだったら、敬意とか感謝の気持ちは、込めて歌えばそれなりになりそうだけど、サブちゃんは「それなり」どころか120%のゆとり。きっとたくさん練習したに違いない!と思うのです。自分が完璧に歌わないと作品のよさを最大限伝えられない…こういうところがアーティストじゃなく「歌手」たる所以なんだよなぁ〜。プロなんだよ〜。かっこいいよ〜。やっぱり私って昭和だなぁ…と感じつつ、紅白はサブちゃんだけで充分満足だったのでした。

さて、写真は友人が拾ってきてくれた銀杏。バイク通勤の連れ合いは、これをいただきながら、ニュータウン通りでおばあちゃんと女の子が銀杏を拾っているのを見たことを思い出したとか。「翡翠色も、強烈な匂いも、爆ぜる音も、あの子は憶えるんだよなぁ…多摩市の街路樹で…」。そんな話をしているうちに年を越してしまったせいか、その晩の夢では、私は忍者の格好で「グリーンレンジャー」を名乗っていました。なぜ忍者?なぜ高尾山?そもそもグリーンレンジャーって何だ〜?

ともあれ、皆さま。今年もよろしくお願いいたします。