おめでとう!成人式

2009年1月12日 18時16分 | カテゴリー: 活動報告

今日は、パルテノン多摩で行われた多摩市成人式に出席。既にTVや新聞で、あちこちの成人式での騒ぎを見ていたので、多摩市はどうかな?…と、正直、心配しながら出かけましたが、まぁ、こんなモンでしょう。かまってほしくて出たり入ったりしていた坊やたちも、女子アナばりの可愛いお嬢さんが司会していたせいか、ビミョーに気をつかって溶け込んでいたのがよかった。

市長式辞は、なぜか消防団への勧誘がまくらでしたが、いつものように命の大切さと「不況時の採用は中小企業にとって、優秀な人材をゲットできるチャンス。自分の長所を生かして一所懸命働ける仕事を探し当てて下さい」と、就活に向けても激励しました。近くにいる若者たちを見ながら、もう働いている人もいるんだなぁ、泣きたいことあったかなぁ、来たいのに来られない人もいるだろうなぁ(妄想はどんどん膨らんで収拾つかない)…などと考えているところに、市長がお母さんみたいな語り口なもんだから、私の方がうるうるしてしまいました。

が、まーしかし、とにかく今年はノリがよかった!ゲストの内柴正人選手もただ壇上で話すだけでなく、インタビューだのクイズだの出ずっぱり。おまけに今年は、実行委員が会場で予め選んだ男女各5人からベストドレッサー賞が選ばれるなど、会場はまるでバラエティー番組の公開収録みたい。金屏風に国歌斉唱で始まる式典も、若い人が考えるとこうなんですねー。気づけば私もひゅーひゅー!と猿みたいに手をたたいて、大騒ぎしていたのでした。

『成人の主張』では、貝取の女子が「北永山小も貝取中もなくなって、今度は北貝取小…私の通った学校が全部なくなっちゃう」と市長に直訴(?)。部活動、合唱コン、体育祭…学校にはいろんな思い出が詰まってる。学校の統廃合を考える時、在校生への配慮はあっても、彼ら彼女たち卒業生の気持ちにまでは思い至っていなかったなぁ…と、省みながらの帰途でした。

頑張れ、若者!期待はしてもあてにはしてない。自分の方法で、やりたいことはがんがんやれーっ!!