6月議会で話し合われること

2008年5月30日 23時38分 | カテゴリー: 活動報告

遅くなりましたが、ざっとお知らせします。

補正予算 9日(月)
○東京都の生活安定総合対策事業(旧低所得者生活安定プログラム)。低所得で就労意欲のある人への生活資金・就職等一時金の無利子貸付、受講奨励金の支給など都事業の窓口を、市と社協、ハローワーク連携で。

専決報告 同
○市税条例(証券税制、住宅税制)○都市計画税条例(特例廃止など。多摩市に該当なし)○国保税条例(後期高齢者に伴う)○既存住宅の省エネ改修、30万円以上対象に固定資産税1/3を減額

条例 
○市税条例一部改正(来年10月から住民税を公的年金から天引き、ふるさと納税等)○多摩市市営住宅条例一部改正(暴力団対策、市営→市営への住替え要件等)○下水道条例一部改正(10月からクレジットカード引落しOK。コンビ二払いは実施中)

その他
○多摩第一小用地買取 当初予算より2,300万安い。

行政報告
○市立小学校個人情報紛失への対応強化(チェックリスト作成、職員下校時に管理職がチェック等防止策)

追加議案
○連光寺小増築当初予定より3,770万多くかかる(予想を大きく上回る鉄骨鋼材の値上がり、「だれでもトイレ」が要因)。多摩第一小買取の差金を充当か

陳情今のところ
○多摩第二小学校生徒の通学路及び近隣市民の安全安心のためにガードレール設置を求める陳情(建設環境常任委員会)
○多摩市中沢地区整備に関する陳情Ⅱ(同)
○妊婦検診の拡充を求める陳情…無料検診を14回にし、母子手帳交付時に受診券を交付せよ(厚生産業常任委員会)

今回、私の一般質問は「学校」についてです。地方分権のすすむ中、特区制度を活用した自治体独自の教育改革が進んでいます。多摩市のオリジナルって何だろう…市の考えを問い、相変わらずと言われても「子どもを主体に位置づけた学校運営」を提案します。