第5回政策ゼミ中間発表会

2007年11月19日 21時25分 | カテゴリー: 活動報告

パルテノン多摩の第2会議室で、にぎやかな中間発表会が行なわれました。若い皆さんにとっては、政策づくりを通してコミュニケーションや問題解決能力も身に付けちゃう政策ゼミ(らしいです)。以前はネットが皆さんを集めて主催していましたが、いつのまにか力をつけ自主運営!ネットにとっては代理人の勉強の場でもあり、今ではすっかりパートナーです。

フィールドワークでは、緑と団地と廃校が多いと驚いていた皆さん。うちの近くでは…と、今住む場所でなく「実家」と比べていたのが印象的でした。数回歩いたくらいでは、多摩市を深く理解できないでしょうが、感じることはたくさんあった様子。聖蹟桜ヶ丘駅から(知る人ぞ知る)最短距離で多摩川に出た時の歓声には、私まで嬉しくなりました。「すげー、駅からこんな近くにこんな場所があるってすごくね?ってか、こういう時間が無さ過ぎなんだよなー」。

突っ込みどころ満載…でもここがスタートなのだ!
発表会では、政策を考えた2班のメンバーそれぞれが相手チームから質問や意見を受けます。ネットメンバーや政策ゼミのOB・OGもいる場での発表は緊張しただろうなぁ!原田校長のやさしい講評で、少しは気楽になったかな。ゴールは来年3月の一般質問。みんながまちづくりを自分にぐぐっと引き寄せ、議員と一緒に提案を議会に届ける、その役目を果たせるよう私も頑張らなくちゃ。おっと、その前に12月議会だっ!

(写真下は多摩センターのイルミネーション。新顔ですね。)