どう考えたって、選挙、変でしょう!

2007年4月25日 17時14分 | カテゴリー: 活動報告

4年後は理想選挙…できるかな。

選挙の度にいつも思うこと、それは、許可なくポスターをべたべた貼る、選挙カーの絶叫、駅での体育会系コール(この「行ってらっしゃいませ」は暴力団親分の見送りみたい、正直かなり怖かった!)、「選挙なら何やってもいいのか」ということです。これをしているその候補者本人が、同じ口で、景観条例を作りましょうだとか、車を減らし…なんて言っていることを、きっと大勢の皆さんは憤りをこえ、あきれているだろうな…期間中、選挙カーから道行く人々を見ながら考えていました。

それじゃネットはどうなんだ
とほほ、その通りなのです!!ポスターを許可された場所にしか貼らない、選挙カーでは政策を手短に、駅では、異様でない程度の声量と清潔な日本語で名乗る…ささやかな配慮をしてみたものの、大気や皆さんの生活へのリスクよりも、賛同してくれる人々のために絶対当選しなければ!という気持ちが勝ったことは否めません。告示期間は、議員を選ぶための保障された期間だから気にしないでやれという方もいますが、とっくに度を超えているでしょう。

「してきたことと、今後の政策」…
佐久間さんの大量得票、励みになりました。

もしも2期目に挑戦するとしたら、せめて選挙カーや電話はやめたいもの(私は)。新人の今回は仕方ないとしても、4年もあるんだから、あんなばかげたことをしないために、自分の活動を皆さんにしっかり届け、皆さんが姿勢や政策で選んでくれる議員になるよう、頑張ります。

(写真は昨日いただいた当選証書。獲得票の多い順に渡されたのは驚きでした!それにしても時間になっても席に着かない、私語が多い…6人しか入れ替わらない議会は、馴れ合いもいいとこだっ!)