市民が自治する時代にふさわしい議会を!

2007年4月23日 02時28分 | カテゴリー: 活動報告

おかげさまでネットは2議席に戻りました。

狂乱の統一選が終わり、大勢の皆さんのお蔭で、私も武内よしえも当選することができました。ご支援、ご協力には感謝の言葉が見つかりません。ネットの姿勢や今までの活動、また今後の政策を、大勢の皆さんが支持して下さったことを思うと、身が引き締まる思いです。とともに、25年近い年月の活動を、どれほど大勢の人々が担い、つないできたか、候補者を引き受けてくれた皆さん含め、その力強さに圧倒されます。

「生活者」の選挙!?
仕事の前後に駆けつけてくれた人や、子どもが学校から帰ってくるまで手伝ってくれた人、一週間、スケジュールを開けておいてくれた人…今回も、文字通り大勢の「生活者」が、短期決戦、力を集結しました。この力、そして今までの活動から生まれた政策を背に、何を恐れることがあるか!…候補者は初めての経験ですが、私がすることは、私を含めみんなが「今までしてきたこと」と「これからしたいこと」を伝えるだけでしたから、本当に心強かった。

議会を変える…
さて、私たちはこれからも、市民も議員も一緒に自治する、そんな多摩市を目指します。そのためにまず議会を変える…これは、他の党の皆さんの中にも公約に挙げた方がいますから、すぐにでも議論を始められそうです。ともあれ、まずは4年間しっかり見ていて下さいね。
皆さんのご支援を力に、精一杯がんばります。
(本当は「ありがとうございます」と言いたいのですが、公選法の規定でお礼の挨拶は書いてはいけないそうです)

(下のタンポポ、左は風に吹かれやすいように高く伸びて種を飛ばし終わったもの。右は種に栄養を蓄えるため横になっているもの。時がある、花にも人にも。)